父に似た私の毛

脱毛サロンで脱毛
私は意外とどっしりした性格なのかもしれません。

普通に父親に似ているのか小さなことはあまり気にしません。

今日も必要ない毛の処理をしていたら父に見られて、モッサモサだねと言われました。

父の発言に対し、私は別に何も遺憾に思わなかったのですけど、それを聞いていた妹たちが口々に父に文句を言っていました。

「少女にああいう事いうなんてデリカシーないよね」と文句を言っていました。
どうやら父の必要ない毛関連の発言に妹たちはカチンと来た様なのですが、私は特に何も感じませんでした。

母まで参戦して「現実にデリカシーないわよね」と言っていて、思わずデリケートだなこの人たちと私は考えました。

あれくらいの軽口別に私は何とも考えません。

でも母や妹たちは結構ぶつくさ言っていました。

私はこれを聞いて、何となく複雑な気分です。

私はどっちかと言うと父側の人間なのかもしれません。

これくらいにでブツブツ文句をいう女陣に全く共感できませんでしたし、あれくらいで怒るなんてデリケートだなと思ったのです。

どうやら私は父に似て図太い神経をしているみたいです。

あまりに似たくないところなので何となく嫌だななんて考えました。

私はお風呂から出て素っ裸を見られても涼しい顔で父の隣を通り過ぎる事ができます。

でも母や妹たちは大騒ぎします。

もうこの時点でスタンスが大分違うんだなと思うのです。

私も母たち側にいたかったなとわずかだけショックを受けました。

ムダ毛のない生活がしたい

ムダ毛に悩む女性
私には美しさに関する大きな夢がありました。

それは必要ない毛のない体になりたいという願望です。

小さい頃に母にお願いしたけど、脱毛を反対されました。

まだ我が子だし、必要ない毛がそこまで酷いわけじゃないからしなくていいと言われてしまいました。

でも高校を卒業して大学生になってから近いうちにやはりに脱毛がやりたいと思うようになったのです。

脱毛をして近いうちに変化したいと考えました。

脱毛で新しい自らへ生まれ変わりたいと思ったのです。

今度は母親に頼る事なく脱毛をする事にしました。

私は真っ先にバイトを開始出来たのです。

大学生は結構暇な時とかも多くって、その間に自由にバイトができました。

だから私はバイト代がいい求人を見つけてはバイトを入れて暮らししていました。

これで脱毛をするための代金を稼いだのです。

一生懸命バイト代を貯めて貯めて脱毛代を稼ぎました。

その上やっと脱毛に通い開始出来たのでした。

脱毛に通ってから大いに良い感じで必要ない毛が抜けて行きます。

脱毛サロンのスタッフさんたちにも「成果が凄い出てますね」と言われました。

どうやら私は体質なのか脱毛の影響が出やすい体みたいです。

だからガッツリと必要ない毛が抜けていって、大分毛が少なくなったのです。

やがて変化したいと思って脱毛を開始出来ました。

あるべき姿は必要ない毛の全くないサラサラなツルツルのお肌です。

そのような必要ない毛のない体へ変化しつつあります。

このまま充分に最後まで脱毛を終えて以前の私から変化やりたいです。