グラニティデコルトクリームの特徴

肌にハリがある

グラニティデコルトクリームは湘南美容外科と共同製作した胸専門クリームです。

今度、グラニティデコルトクリームの成分についてご解説します。

グラニティデコルトクリームの主な成分は3つです。

1.ハリを与える成分胸にハリを与える成分としてプエラリア・ミリフィカとボルフィリンがあります。

プエラリア・ミリフィカはタイの山岳地帯に自生するマメ科の希少植物で、女子ホルモンに似たエストロゲン・イソフラボンという成分を含んでいます。

この成分の働きで、女子ホルモンを増やす事ができます。

エストロゲンには女子らしい体を製作する働きがあり、このホルモンが増加する事で美白影響、美肌成果、保湿影響が得られます。

ボルフィリンはハナスゲというユリ科の植物から抽出されるエキスで、脂肪組織を分化させ増殖させる働きがあります。

そして、ボルフィリンには脂肪を蓄える働きもあり、ボルフィリンで増加した脂肪は減りにくいとされています。

つまり、ボルフィリンを含むクリームを胸に塗ると脂肪が増加し、胸大きく上乗せに成果があります。

2.弾力を製作する成分スイゼンジノリという藻から抽出されるサクランという成分が配合されています。

こちらはヒアルロン酸の5倍という高い保湿力を有し、肌に潤いと弾力を与えます。

3.女子らしさを高める成分ノバラ油の香りは女子らしさを高めるのに最適な香りとされています。

その上、ノバラ油は保湿影響も高いため、肌に弾力を与えてくれます。

グラニティデコルトクリームの口コミを今すぐチェック!

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です